わたしたちの強み

私たちの強み

マンション投資の強み

なぜ中古マンションがいいのか?それは、新築マンションに比べて投資効率がよいからです。 新築マンションの価格は、分譲する不動産開発業者が、市況等を判断して決めます。土地の原価、建設費、広告宣伝費、不動産開発業者の利益まで加えた価格です。

一方、中古マンションは不動産市場の、需要と供給の市場原理で価格が決まります。築数年の浅井物件でも分譲時の6?7割程度の価格で購入できます。

新築マンションの場合、新築時は比較的高めの賃料設定が可能です。
しかし、新築時の入居者が退去すると、中古となるため賃料が相場賃料に落ち着きます。中古マンションは何度かの入居者の入れ替えが行われているため、賃料の減額幅があまりありません。

では、ワンルームとファミリータイプのどちらが、いいでしょうか?答えは、物件によるというのが正解ですが、一般的なこととして、ワンルームの方がいいと思います。ワンルームタイプはファミリータイプに比べ価格が安いため、高い利回りの確保が期待できます。リフォームの費用も有利です。ファミリータイプのリフォームの費用が平均30万円?50万円ほど、かかるのに対して、ワンルームの場合は、10万円前後です。

また、リフォームの工事期間もファミリータイプに比べ短いです。そのため、2ヶ月前の退去予告で賃貸募集を開始することができ、即時に入居者の申し込みを受け付けることも可能で、空室期間を短くすることができます。

新築マンションとJTRECがすすめるマンションとの比較

ご注意
すべての新築マンションに当てはまる訳ではありませんが、一度入居者が入れ替わりますと、家賃が下がる傾向があります。
中古マンションは、相場家賃に落ち着いているものが多いです。
images

マネジメントに強い

弊社では、必要な投資、不要な投資を見極めながら、不動産経営に必要な知識とノウハウを基に、積極的なマンション管理と戦略のご提案を行い、不動産管理のプロフェッショナルとして、確かなマネージメントサービスを提供いたします。

JTREC

個別のニーズに沿ったご提案可能になります

image01

具体的な物件の支給、年数別の税額シュミレーションなど、皆様のケースに合わせて作成致します。また、ご希望される物件の詳細やエリア等をお伺い致しまして、その条件に見合った物件を専属でお探ししてご紹介させていただきます。
その他、ローンのご相談等お気軽にご相談していただいたり、質問していただければと思います。
不動産投資を会社形態で行うことの一番のメリットは、キャッシュフローの改善です。支払税額を低減できるほか、家族への給与支払い等の費用形状などが可能となるためです。

資産承継の面からみても、法人の出資者にご家族をいれることで、さらにスムーズな承継を可能にすることができます。 法人設立も昨今簡素化がすすんでいるもののコストも重要です。
当社では物件選びから、法人設立のアレンジ、税理士のご紹介、およびその後の物件管理(テナント対応)まで総合的な見地からサポートさせて頂きます。総合的な不動産投資コンサルティングが可能なのが 当社の強みです。